So-net無料ブログ作成
検索選択

桜前線3月19日上陸か、平年より数日早い?(読売新聞)

 日本気象協会は3日、桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。

 一時的に冷え込む時期はあったが、昨秋からの気温は平年並みか高めで、今後も同様に推移するとみられ、開花も平年より数日早まる地域が多いと予想している。

 発表によると、桜前線は3月19日に高知福岡両市へ上陸を開始。高知は平年より4日、福岡は7日早い。広島市は平年より5日早い24日となるなど中国地方は各地で2〜5日早まる。京都市は3日早い28日、大阪市は1日早い29日、神戸市は平年並みの30日と見込んでいる。

 桜の開花予想は、今年から気象庁が撤退する一方で、新たに気象情報会社「ウェザーマップ」(東京)が参入した。同社が1月25日に発表した予想でも、多くの地域で平年より2〜4日早くなるという結果となった。

 04年から予想を始めた気象情報会社「ウェザーニューズ」(同)は、15日に開花傾向を発表する。

さっぽろ雪まつり 大氷像「イオラニ宮殿」が完成(毎日新聞)
グアム視察「海兵隊移転で」=官房長官(時事通信)
読売演劇大賞に「ヘンリー六世」(産経新聞)
<障害者自立支援給付>新宿区が「65歳以上認めず」の内規(毎日新聞)
休校など減少傾向も「今も流行中」―新型インフルで厚労省(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。