So-net無料ブログ作成
検索選択

外国人少年の刑法犯摘発1087件、1・6倍に(読売新聞)

 昨年1年間に外国人の少年(14歳以上20歳未満)が刑法犯として摘発された件数は1087件で、前年(667件)の約1・6倍に上ったことが、警察庁のまとめでわかった。

 2002年以来7年ぶりの増加で、警察庁は「不景気による経済情勢の悪化などが影響している」と分析している。

 刑法犯の摘発件数のうち、車上狙いや空き巣などの窃盗犯が前年の399件から790件にほぼ倍増。全体の増加分の9割超が窃盗犯だった。摘発された人数はフィリピン人が最も多く、ブラジル人、中国人と続いた。

鳩山首相、長崎知事選結果「政治とカネが影響」 (産経新聞)
「寄付金使い果たした」黒澤財団理事長が陳謝(読売新聞)
「デジアナ変換」導入を要請=CATV各社に−総務省(時事通信)
「供述調書はでっち上げ」=厚労省元局長公判で元係長−大阪地裁(時事通信)
医療事故調、大綱案見直しも=「来年度に方向性」−足立厚労政務官(時事通信)

<前原国交相>公共事業の経済効果巡り、亀井金融相と対立(毎日新聞)

 2月の月例経済報告が提出された23日の関係閣僚会議で、10年度予算案で前年度比18%減と大幅に削減された公共事業をめぐり、前原誠司国土交通相と亀井静香金融・郵政担当相が対立した。

 前原国交相が「公共投資が減っても、子ども手当や高校無償化、農家の戸別所得補償などで地域に回す金は確実に増えている」とマニフェスト(政権公約)の経済効果を強調。「公共投資は(東京などに本社がある)ゼネコンが介在し、地方に落ちるカネは58%程度」との見方も示した。

 これに対し、亀井金融担当相は「公共投資の方が(経済的な波及効果を示す)乗数効果は高い」と主張。子ども手当などの政策を「即効性ある薬の効果とは区別すべきだ」と公共事業の効用を訴えた。「コンクリートから人へ」を掲げる鳩山政権だが、景気対策をめぐっては今後も議論が続きそうだ。【秋本裕子】

【関連ニュース
前原国交相:名古屋港の飛島ふ頭を視察
前原国交相:「秘書3人起訴の事実は重い」
高速道路整備:あり方議論の検討会を設置 前原国交相表明
前原国交相:自動車のリコール制度見直しへ検討開始
前原国交相:トヨタのリコール問題で米大使と会談

山口県で震度4(時事通信)
<地震>東京・八王子で震度3=午前8時35分(毎日新聞)
普天間陸上案は非現実的=自民・谷垣氏(時事通信)
17政令市がプラス予算=生活保護費、最大規模に−時事通信まとめ(時事通信)
69歳の元警官、足撃たれ重傷…福岡(読売新聞)

「丹波竜」発掘調査で恐竜の卵の殻?を発見 兵庫・丹波市(産経新聞)

 兵庫県丹波市山南町の白亜紀前期(1億4千万〜1億2千万年前)の地層「篠山層群」で行われている大型草食恐竜「丹波竜」の第4次発掘調査で、県立人と自然の博物館(同県三田市)は18日、卵の殻の化石が見つかったと発表した。特徴から、小型の恐竜のものの可能性があるという。

 同博物館によると、殻の化石は欠片が少なくとも10点見つかり、長さは大きいもので1センチで、厚さ0・3ミリ。保存状態はよく、欠片をつなぎ合わせれば長径2〜3センチの楕円(だえん)球形になるとみられる。ほぼ完全な状態で復元できるとみられる卵の殻の化石の発見は、国内でも珍しいという。

 大きさからはカメや鳥類の卵の可能性もあるが、化石には恐竜の卵の殻の特徴である表面のざらつきがみられ、恐竜であれば体長1メートル以下の獣脚類の卵とみられる。今後、組織を顕微鏡で調べて特定するという。

 同博物館の三枝春生主任研究員は「恐竜の卵だとすれば、近くに巣があった可能性もある。当時の生息環境を知る手掛かりになる」としている。

【関連記事】
恐竜の「色」分かった 英科学誌に発表
四足歩行の大型恐竜 前脚でかじ取り方向転換 岡山の博物館職員が論文
動き出しそう! 和紙の恐竜をライトアップ 福井駅西口
福井県、「恐竜硬貨」のデザイン発表 来夏発行
国内初、原始的な角竜類の化石発見 兵庫・篠山

公務員法改正案 閣議決定 人件費、定数削減先送り(産経新聞)
<桜の開花日>木・金に集中…なぜ? 東京、気象会社分析(毎日新聞)
殺人未遂 元警官、自宅前で撃たれ重傷 福岡(毎日新聞)
外国人夫のDVに悩む日本人妻が増加 永住許可抹消に壁(産経新聞)
<山手線>6扉車両を廃止→4扉車両に…ホームドア稼動で(毎日新聞)

再会断られ少女の自宅放火、龍谷大生を再逮捕(読売新聞)

 龍谷大3年・亀山祐輔被告(22)(起訴)が、携帯電話サイトで知り合った中学3年の少女(15)に再会を断られ、「家族を殺す」などと書いた手紙を送って脅した事件で、大阪府警捜査1課は16日、少女の自宅アパートに2回にわたり火を付け全焼させたなどとして、亀山被告を現住建造物等放火容疑などで再逮捕した。

 発表によると、亀山被告は昨年12月25日未明、少女が住む大阪府阪南市の木造2階建てアパートで空き部屋内の雑誌に放火して約70平方メートルを焼き、同28日未明には別の空き部屋のふすまにライターで火を付けて約200平方メートルを全焼させた疑い。全焼時、アパートは無人で、けが人はなかった。

 調べに対し、亀山被告は「放火したら、少女が怖がって連絡してくると思った。最初はあまり燃えなかったので、2回目をやった」と供述しているという。

消費税や年金、与謝野氏「超党派で協議を」(読売新聞)
長野新幹線、ブレーキ異常で運休 900人に影響(産経新聞)
<乱気流>体が宙に 悲鳴飛ぶUA機内(毎日新聞)
将棋 17日から王将戦・第4局(毎日新聞)
17政令市がプラス予算=生活保護費、最大規模に−時事通信まとめ(時事通信)

普天間陸上案は非現実的=自民・谷垣氏(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は19日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)への移設案について「過去にも検討した経緯がある。米国が必ずしも同意しなくて、キャンプ・シュワブ沖になった」と述べ、非現実的だとの考えを示した。金沢市内で記者団に語った。
 また、「(移設受け入れ反対派が勝った)市長選を経た後で、名護市が『結構だ』ということになるのか」と述べ、地元の賛成を得るのは困難との認識を示した。 

【関連ニュース
地元・米・連立の壁=シュワブ陸上案、課題山積の折衷策
非公式打診を否定せず=普天間、シュワブ陸上案
シュワブ陸上案の問題点指摘=前原沖縄相
シュワブ陸上案を検討=普天間移設、米に非公式打診
県内移設とインフラは無関係=普天間問題で首相

警視庁巡査長が盗撮=女性のスカート内、停職(時事通信)
違反切符を破棄、消防士逮捕=シートベルト未装着−広島県警(時事通信)
75歳女性を降ろし忘れて車庫へ 8時間後、始発で救出 阪急バス(産経新聞)
帰宅した男性襲い現金60万円奪う 東京・江戸川区(産経新聞)
喫煙中高生の3割、家族などの「タスポ」使用(読売新聞)

鬼追理事長、3月退任へ=漢検協会(時事通信)

 日本漢字能力検定協会(本部京都市)の鬼追明夫理事長(75)が13日に開かれた臨時理事会で、退任の意向を伝えていたことが18日、分かった。任期が切れる3月末に退任する見通し。
 協会と前理事長らの親族企業の取引をめぐる背任事件後の協会立て直しに一定のめどが付いたためで、協会によると、鬼追氏は「自分は火消し役。正すことは正した」と話しているという。 

【関連ニュース
今年の漢字「新」=新政権、新型インフル、新記録
公益法人の検定事業をめぐる動き
漢検志願者25%減=8〜11月の前年同期比
「今年の漢字」募集開始

映画「天皇伝説」の渡辺監督を書類送検 無断でポスター掲示で略式命令(産経新聞)
禁煙守らぬ職場や人に罰金 厚労省が内部で検討(J-CASTニュース)
個所付け資料漏洩に前原氏「非常に遺憾」 異なる資料提出に自民「偽資料事件だ」(産経新聞)
「裁判所も謝罪を」菅家さん冤罪の説明求める(読売新聞)
アパート火災で2人死亡 東京・練馬(産経新聞)

王将戦第4局 久保が勝ち3勝目(産経新聞)

防衛力懇談会を設置=新大綱・中期防を検討−政府(時事通信)

 平野博文官房長官は16日午前の記者会見で、新防衛計画大綱の策定に向けて「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」を設置すると発表した。京阪電鉄最高経営責任者(CEO)の佐藤茂雄氏が座長を務める。18日に初会合を開く予定。
 新大綱と次期中期防衛力整備計画(中期防)について、自公政権は昨年末に策定する方針だったが、鳩山政権は「政権交代に伴い、防衛政策の在り方を全般的に見直す」として、昨年10月に1年間先送りすることを決めた。 

【関連ニュース
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
支持率下落、政治とカネ影響=「民主らしさ」で回復期す
吉村参院議員が国民新入りへ=自民離党組

個所付け問題 小沢氏「あれはまずい」(産経新聞)
アカハラ“加害者”を支援 処分基準なく複雑化…再発防止へ(産経新聞)
普天間、5月決着変わらず=鳩山首相(時事通信)
鳩山首相 子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話(毎日新聞)
無人偵察機のエンジン停止=飛行試験中、落下処理−防衛省(時事通信)

<JR高円寺駅>転落女性を救助 レールの間に寝かせ(毎日新聞)

 15日午後9時15分ごろ、東京杉並区のJR中央線高円寺駅の上り線ホームから女性(20)が線路に転落し、都内に住む男性会社員(24)が女性を助けようと線路に飛び降りた。高尾発東京行き快速電車(10両編成)が迫り、女性が意識を失っていたため、男性は2本のレールの間(幅1メートル6センチ)に女性を寝かせ、自分はホーム下の避難壕(ごう)に駆け込んだ。電車は女性の頭上を通過したが接触せず、転落で負った頭へのけがだけで済み軽傷。男性は無事だった。

 警視庁杉並署などによると、女性は酒に酔って気分が悪くなり同駅で下車し、ふらついてホームの上り線路に転落した。男性が線路に飛び降り、女性に声を掛けたが反応はなく、レールの間に横たえた。

 電車は先頭から5両目までが女性を通過して止まったが、車体の最下部と線路の間の約30センチの空間に入り込む格好となった。女性は同署に「気付いたら電車が頭上にあった」と話したという。【野口由紀、前谷宏】

警察署内で拳銃奪い発射=警察官が腕にけが−殺人未遂容疑で男逮捕・警視庁(時事通信)
防火水槽堺式工法で新設そっくりさん 費用安く、工期も短い(産経新聞)
個所付け公表のルール検討=前原国交相(時事通信)
警察への暴力相談、1月以降6回…宮城3人殺傷(読売新聞)
「福田組」5億円所得隠し マンション用地買収めぐり 小沢幹事長夫人が大株主(産経新聞)

<着服容疑>ソニー銀元行員が預金3700万円を(毎日新聞)

 ソニー銀行は10日、20代男性の元行員が顧客の銀行口座のパスワードを不正入手して預金を引き出し、約3700万円を着服していたと発表した。同社は元行員を昨年10月に懲戒解雇処分にし、今月8日に警視庁に告訴状を提出した。被害に遭った預金者には、同社が全額を返還したという。

 同社によると、元行員は顧客がパスワードの再発行時などに作成される仮パスワードを社内で閲覧できる立場にあり、08年9月〜昨年8月にかけ、顧客5人の口座から自分が管理する口座に預金を振り込み、着服していたという。社内調査に対し元行員は、借金返済に充てたと説明したという。

 顧客からの問い合わせで昨年10月に発覚した。発覚から公表まで約4カ月かかったことについては「社内調査や顧客への返金手続きに時間がかかった」と説明している。【清水憲司】

【関連ニュース
神奈川歯科大詐欺:元理事の被告 一部無罪主張 初公判で
夫婦同日逮捕:窃盗と横領、別容疑で 宮城県警
業務上横領:容疑のノリタケ子会社元社員を逮捕 愛知県警
ノリタケ子会社:元社員9日逮捕へ 巨額横領容疑
着服容疑:過払い金を司法書士、自首し逮捕 富山県警

勤務時間管理で先進例調査=超勤縮減も視野−総務省(時事通信)
深夜の改札口、受験帰り高3刺される…徳島(読売新聞)
<訃報>山口安次郎さん105歳=西陣織職人(毎日新聞)
【ショートトラック】駆けろ「美馬」 名付けた祖父も応援(産経新聞)
<不明男性強殺>5容疑者を再逮捕…千葉県警(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。