So-net無料ブログ作成

<「命の教室」>中高生に広がる…犯罪被害者の遺族講師に(毎日新聞)

 犯罪被害者の遺族を講師に招く中学・高校の課外授業が全国に広がっている。学校と都道府県警が提携して実施する「命の大切さを学ぶ教室」で、本格始動した09年度は36都道府県で10万5708人が受講した。受講者へのアンケートには被害者に対する共感の芽生えが浮かんでおり、警察庁は「命の教室」を拡大する方針だ。【鮎川耕史】

 2月5日、福島県伊達市の私立聖光学院高校で開かれた「命の教室」の講師に、岩手県二戸市の大崎礼子さん(47)が招かれた。

 「あの朝、登校前に見せた最後の笑顔が忘れられません」

 小学1年だった長女・涼香(りょうか)ちゃんは00年11月28日、計9人で登校中、県道に突っ込んできた軽トラックにはねられ死亡した。大崎さんは一緒にいた2人の兄の証言を交え「あの時」を再現。小学6年だった長兄は「どうしてくれるんですか」と加害者に食い下がった。小学4年だった次兄は一瞬意識がとぎれ、気がついたら自分のそばに妹が倒れていた。「次兄が『涼香』と呼んでも、足がわずかに動いただけでした」

 事故では他に1人が死亡し6人がけがをした。軽トラックを運転していた当時63歳の男性は飲酒のうえでの居眠り運転で、業務上過失致死傷罪などで懲役4年の実刑に。大崎さんは飲酒運転の厳罰化を求めて署名運動を行い、01年の危険運転致死傷罪創設につながった。でも、2人の兄は「妹を救えなかった」ことを悔やみ続けた。

 「家族の心の傷は消えない。どうか加害者にはならないでください」。大崎さんは講演をそう結んだ。同校の根本寿実教諭(48)は「涙を流す生徒もいた。身近に起こりうることだと受け止めていた」と振り返る。

 「命の教室」は警察庁が08年度に5府県のモデル事業として始め、09年度に本格化。同年度の講演は36都道府県で延べ288回にのぼる。犯罪被害者遺族の体験を通じ、被害者や遺族の「痛み」への理解を中・高生に広めるのが狙いだ。

 受講した中学生約4500人に福島県警が行ったアンケートでは受講前に「命の大切さを考えたことがある」と答えた生徒は約70%だったが、受講後は約95%の生徒が「命を大切にしなければならないと感じた」と回答。「死にたいと思うことがあったが、ダメだと思った」「残された方のつらさは無限だ」などの感想も寄せられた。大阪府警が生徒や保護者ら約3600人から集めたアンケートでも85%が「命について考えるきっかけになった」と答えている。

【関連ニュース】
神戸児童連続殺傷:事件から13年 被害者の父親が手記
時効廃止:無念晴らせる…被害者遺族ら涙
「時効」よ止まれ:殺人時効廃止を閣議決定
裁判員制度1年・市民の判断は:/3 性犯罪事件とプライバシー
質問なるほドリ:検察審査会ってどんな組織?=回答・大場弘行

<布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
歯治療の2歳児、脱脂綿のどに詰まらせ窒息死(読売新聞)
首相補佐官に側近の阿久津、寺田両氏(産経新聞)
鳩山前内閣、2カ月で機密費3億円引き出す(産経新聞)
67歳独居男性殺害か=首にひも―長野県警(時事通信)

51歳男、痴漢で猶予中にまた…(読売新聞)

 滋賀県警守山署と滋賀県警鉄道警察隊は1日、同県野洲市野洲、無職白井昌幸容疑者(51)を県迷惑行為等防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕した。

 白井容疑者は別の痴漢事件で有罪判決を受け、執行猶予中の犯行だった。容疑を認めているという。

 発表では、白井容疑者は1日午前7時40分頃、JR東海道線山科―大津駅間を走行中の大阪発米原行き新快速電車(8両)内で、高校2年の女子生徒(16)の下半身を触った疑い。

 女子生徒が白井容疑者の手をつかみ、守山駅で署員らに引き渡した。

橋下知事、全職員に「周辺道路も禁煙」メール 罰則はなし(産経新聞)
鹿児島市に大量降灰=桜島爆発「洗濯物干せない」(時事通信)
区分審理で近大ボクシング部2元部員、対象外事件を認める(産経新聞)
普天間 沖縄で「反対闘争が激化する」と懸念(産経新聞)
野党4党、小林千代美議員の辞職勧告決議案提出(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。